Search this site
随時更新◆イベントスケジュール
詳細が決まり次第更新していきます! 
お問い合わせは info@japannaturopathy.org まで

2月24日(火) 講師会 場所:東京 めぐたま食堂 http://megutama.com/

5月23日(土) 総会 11時〜12時
帯津良一 芦屋養生塾(NaO主催)14時〜 
場所:芦屋 仏教会館 http://ashiyabk.org/home.html

9月19日(土)20日(日) Naoフェスティバル 場所:京都
<< 第2回自然療法機構総会・特別セミナーのお知らせ | TOP | <NaOの活動>一本草プロジェクト >>
篠山エコツアー「 天空で香を聞く 音を聴く 」参加者募集中!


2013年8月26日〜27日、兵庫県篠山市にてエコツアーを開催致します。
今回は、古民家暮らしをより一層愉しんで頂くため、

■ 古民家×香道 「 わたしだけのお香作りワークショップ 」

■ 古民家×古楽器 「 プサルテリの響き〜中世古楽器プサルテリLIVE〜 」

を同時開催致します!


< 天空で 香 を聞く >



篠山エコツアー 古民家 × 香道コラボ企画!
「 わたしだけのお香作り 」

茶道、書道などと同じく、日本の伝統芸道である香道。 クローブ、ナツメグ、サンダルウッドといったハーブでお香を作り、その香りを愉しみます。使用するハーブによって、様々な香りになるお香。実は自分でも簡単に作ることができるのをご存知ですか?


自分好みに調合したお香は、きっと何よりもあなたの心と体を癒してくれることでしょう。ぜひ一度、あなただけのお香を作ってみてください。


■ わたしだけのお香作り in 兵庫篠山

2013.08.26(mon)15:00 − 16:30終了予定

兵庫県篠山市 天空農園にて

お1人2000yen
(作ったお香はお持ち帰りいただけます♪材料費込)


◎ 講師  長谷川 弘江(はせがわ ひろえ)

ありす in Herbland主催。薫香セラピスト。ヒルデガルト・フォーラムジャパン副代表。薫物屋香楽認定香司香楽塾認定パヒューマー。自然療法機構認定 自然療法士。

イギリス、ドイツ、フランスにてハーブ、アロマテラピーを学ぶ。「癒しのお香」(産調出版)監修。


< 天空で 音 を聴く >




中世ヨーロッパの修道院にて、音楽療法の一環として演奏されていたと言われる弦楽器プサルテリ。どこか懐かしい音色は、私たちの心の奥ふかくまで沁み渡ります。


日本の古民家に、西洋の古楽器の音色はどのように響くのでしょう。ぜひ皆さんの五感を癒しに、篠山へいらしてください。LIVEのみの参加ももちろん大歓迎です!

==================

日本古民家 × 中世古楽器
お に ぎ り L i v e


▼2013年6月28日
 19:00開演 21:00終了予定

▼18:00受付開始

早く来れる方は、一緒に釜戸でごはんを炊き、おにぎりを作りましょう!
お味噌汁、一品で食卓を囲んでから、音楽に身をゆだねます。

▼参加費 2500円(おにぎりの軽食つき)
※エコツアー参加者は、ツアー参加費に含まれます。

▼会場
天空農園(兵庫県篠山市)

▼お申込み、お問い合わせは
  NaO事務局まで
  0797-38-7717
  info@japannaturopathy.org

===============================

*演奏者プロフィール*

Sally Lunn (サリ・ラン)
中世二列弦ハープ、プサルテリ、テイバーパイプ、歌

名古屋大須の箪笥店で出逢った、家具の廃材から復元された西洋古楽器の響きの美しさに衝撃を受け、古楽器演奏に傾倒。イベリアの聖母賛歌、南フランスの恋歌、ヨーロッパ各地の舞曲、器楽曲などなど、様々なシーンで多彩に歌い奏でられていた中世ルネサンス期の音楽を伝えている。ソロ活動のほか語り部や他ジャンルとの共演も行っている。


< 会場紹介>



* 天空農園 *
兵庫県篠山市後川新田238

江戸時代に農文塾として利用されていた古民家を2011年にリノベーションし、宿泊施設となりました。段々畑の頂上にたたずむ姿は、まさに天空の家。晴れれば美しい星空が愉しめます。

(access)舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口IC」または、JR「篠山口駅」より車でおよそ40分)

◎ エコツアーについてはfacebookイベントページをご覧ください♪
https://www.facebook.com/events/176580262518142/


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
posted by 一般社団法人 自然療法機構 事務局 | 12:00 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.japannaturopathy.org/trackback/16
トラックバック